【+spi】インプットとアウトプット

ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


おはようございます!まてぃです!

 

人の心には許容量があるんすよね

 

人によって許容量の大小はあっても

無限の許容量がある人なんていない

 

例えるならコップ。

 

 

コップに入る水の量がその人の許容量

 

コップに水を入れすぎれば溢れてくる

 

 

それがネガティブな水だったら

 

怒りとか一般的なネガティブな感情。

 

 

新しく何かインプットしようとしたら

 

先にアウトプットしましょうっていうよね

 

 

それはコップの中の水を自分から少し外に捨ててみようって事さ

 

 

そうやって外に水を出して

 

新しく水を注ぐ空き容量を作りましょうねってこと。

 

 

 

でもね、ここで気をつけて欲しい

 

 

コップの中の水

 

 

濁ってない純粋な水なのか

 

それとも泥水なのか

 

 

アウトプット。つまり水を出したら

 

その出した水と同質の水がまた注がれるのさ

 

 

産まれたばっかりの頃は純粋な透き通った水だけど

 

生きてくうちに知らない間に泥水注いじゃってるのさ

 

 

透き通った水に泥水注いだらどーなる?

 

 

透き通った水まで泥水になっちゃうよね

 

 

いつの間にか濁った泥水になってることに気がつかないまま

 

泥水を捨てたら

 

またそこに泥水注がれちゃうんさ

 

 

敵意とか悪意とか

 

自覚のない無意識でそういうのをアウトプットしてたら

 

またその敵意とか悪意とかが増えてくんだよねぇ

 

 

だから一歩立ち止まって自分を振り返るのさ

 

コップの中の濁った泥水を

 

一回浄水器にかけて透き通った水にしてから

 

アウトプットしてあげるのさ

 

 

そうすれば少しずつ透き通った水に変わっていくよ

 

 

だから自分の本質を知ろうっていうの。

 

 

その自分の水がどれだけ透き通ってるかを知らせてくれるのが

 

自分の周りの人達。

 

特にツイン。

 

 

ツインの態度や言葉で自分がどれだけ濁った水を抱えてるのか分かるさね

 

 

外部フィルターさね。

 

 

最初は中々気付かないし、気付いてもしんどいけど

 

 

綺麗な水(嘘偽りない、ごまかしもないストレートな想い)を

 

外に出してあげれば

 

周りからも濁りのない想いが還ってくるもんさ

 

 

だからまず自分のコップの水にどれくらい不純物が混じってるのか知らなきゃね!

 

易しい事じゃない

 

自分の中の見たくないダークサイドの部分だからね。

 

 

でもそれもまた自分なのさ

 

その自分のダークサイドを知り尽くして

 

ダークサイドと共存出来るかどうか。

 

 

しんどくて投げ出す人も逃げ出す人も沢山いるさ

 

 

それくらい生易しいものじゃないってこと。

 

 

それがツインと出会うってこと。

 

 

そこを乗り越えた先にツインとの未来がある。

 

 

ダークサイドを否定せず

 

それもまた自分だって

 

外側から包み込めるかどうか。

 

 

試練だね。修行だね。

 

 

逃げ出したっていいんだよ

 

それもまた自分の選択。

 

 

宿命ってものがあるならば

 

逃げたところでまた出会わされる。

 

 

これでもか!ってほどにね。

 

 

 

もちろんツインと関係ない部分でも

 

 

綺麗な水をアウトプットすることは

 

 

楽に幸せに生きる秘訣

 

 

あるところまでは地獄の苦しみかもしれないけれど

 

続けていけば必ず抜け出せる

 

 

その時に笑って地獄だったねぇって言えるさ♪

 

 

だから自分自身の為にちゃーんと綺麗な水をアウトプットしてあげよ♪




ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/

~MENU~
【名古屋・浜松】
re:writeカウンセラー まてぃ
HPFacebooktwitter
お問い合わせは↓コチラ↓
友だち追加
追加できない場合は@hnl9433lを検索してください
※こちらのブログはリンクフリーです。転載、シェア等ご自由にどうぞ