【ツインソウル】ツインソウルにおける七夕伝説

ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


こんばんは、まてぃです♪

日本におけるツインソウル伝承。

七夕伝説の瀬織津姫(セオリツ姫)とニギハヤヒの関係は
ロマンティックな関係から
【ツインソウル】と七夕伝説を絡めて考える方が多いですが
これには落とし穴があることを知っていましたか?

その為にはまず七夕伝説をおさらいする必要があります。

天の神様の娘「織姫」はそれはそれは美しいはたを織っていました。
神様はそんな娘が自慢でしたが、毎日化粧もせず、
身なりに気を遣わずに働き続ける様子を不憫に思い、
娘に見合う婿を探すことにしました。

すると、ひたすら牛の世話に励む勤勉な若者「彦星」に出会います。
この真面目な若者こそ、娘を幸せにしてくれると思い、
その若者を娘の結婚相手に決めました。

そんな二人は毎日仲睦まじく暮らしましたが、
これまでとは一転して遊んで暮らすようになり、
仕事を全くしなかったため、天の服は不足し、
牛達はやせ細っていきました。
神様が働くように言うも、返事だけでちっとも働こうとしません。

ついに怒った天の神様は、織姫を西に、彦星を東に、天の川で隔てて引き離し、
二人はお互いの姿を見ることも出来ないようになりました。

それから二人は悲しみにくれ、働こうともしなかったため、
余計に牛は病気になったり、天の服はボロボロになっていくばかりです。

これに困った天の神様は、毎日真面目に働くなら
7月7日だけは会わせてやると約束をすると、二人はまじめに働くようになりました。

こうして毎年7月7日の夜は織姫と彦星はデートをするようになりました。

これが七夕伝説の大筋です。

たしかにロマンティックなお話ではあります。

お互いに想い合いながらも一年に一度しか会えない関係。
確かに「会いたいのに会えない」という関係は
ツインソウルと重なる部分はありますが
それを現実的な自分と相手との関係に当てはめて憧れるのは
非常に危険だと思います。

なにせ、「一年に一度しか会えない」のだから。

そんな関係に憧れてしまっていたら
「一年に一度しか会えない関係」が目標になっているのと同じ事です。

ツインと「一年に一度しか会えない関係」でいたいなら
それでいいのかもしれません。

でも、そうではないですよね?

それに「一年に一度しか会えない」原因は
遊んで暮らすようになり、仕事をしなかったからであって
それまでと同じように織姫も彦星も
仕事に精を出し勤勉に生活していれば
引き離されることもなかったはずです。

まさに「身から出た錆」。

たしかにロマンティックではありますし
憧れたくなるのも分かりますが
しっかりと本質を見極めれば
その憧れは危ういモノだと見えてくると思います。

出会い、結ばれ、目先の楽しさに溺れ
その結果「現実的に行動すること」を忘れ、引き離される

まさにツインソウルの流れだと思います。

出会ってすぐの至福にとりつかれ
現実を見落とし、それが絶望の入り口とは気付かずに
自ら絶望を引き寄せる。

ツインソウルという言葉に出会い
セオリツ姫やニギハヤヒといったワードに出会った時
七夕伝説の本質を見極める事ができれば
別離を回避する方法だって
わかるはずです。

ツインソウルはスピリチュアルな概念ですが
その関係や距離を縮めるという部分は
分けて考える必要があると思います。

もし今、七夕伝説、セオリツ姫、ニギハヤヒといった
ワードに心を惹かれるのであれば
「しっかりと現実を見なさい」という警鐘だと思います。

一度立ち止まって考えてみてはいかがですか?



ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


体験セッション募集中
http://plaspi.jp/trial/
~MENU~
【名古屋・浜松】
re:writeカウンセラー まてぃ
HPFacebooktwitter
お問い合わせは↓コチラ↓
友だち追加
追加できない場合は@hnl9433lを検索してください
※こちらのブログはリンクフリーです。転載、シェア等ご自由にどうぞ
※こちらのブログではツインソウル・ツインフレーム・ツインレイを纏めてツインソウルと表現します