ランナーの逃げる気持ちとチェイサーの食い違い

ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


こんばんは!まてぃです♪

よく「ランナーが逃げる理由は好きすぎて
どうしたらいいか分からなくなるから」的な事が言われます

ランナーが逃げて連絡をくれない理由は
シンプルに「連絡を取りたくない」と思うから。
なんですよね。

その根底、つまり潜在意識では好きと思っているかもしれないけれど
「やっぱり嫌いだからいなくなる」
それは間違いないことなんです。

ただ根っこには「好き」がある。
これも間違いないことなんです。

ただその部分でランナーとチェイサーは
大きな認識の違いがあります。

チェイサーは「潜在意識の部分」に目を向けて
「好きなのになんで?」と疑問に思いますが
相手はランナー。

ランナーは潜在意識を捉えるつもりはなくて
顕在意識上の「連絡したくない」に重点を置いて
「顕在意識」に目を向けてるんです。

ここがランナーとチェイサーのすれ違いを大きくしてる原因でもあります。

じゃあそれを解決するにはどうしたらいいんでしょう?

チェイサーの多くは
「潜在意識には好きがある」ということを
「好きなんでしょ」と思い
ランナーが気付いて自ら戻ってきて欲しいと願います。

でもそれが正解なんでしょうか?

それは、相手に「自分に合わせて変わって欲しい」と
期待してるということでもあります。

自分じゃなくて相手に変わって欲しい。

それは「相手をコントロールしよう」としているのと
同じ事じゃないかな?とボクは思います。

ボクは「相手に変わってもらう」のではなく
「自分が変わる」事が大切なことだと思っています。

この場合で考えるなら
「ランナーが潜在意識に目を向ける」ことではなくて
「チェイサーが目を向けるのを潜在意識から
顕在意識にシフトさせる」
事だと思います。

言い換えると
「チェイサー自身がランナーの顕在意識に気付く事」
「目を向けるところが違っていたと気付く事」。

事実、ボクのクライアント様でも
それに気が付いた人はそれまでの苦悩から一瞬で解放されて
「自分を生き始めている」んですよね。

そうやって「自分を生き始める」と
夢を見てただ待つのではなく
「自分の為に自分を磨く」事を始めたくなるし
「本当は何がしたいのか」もハッキリと分かるようになるんです。

だからサイレント期間であったり
相手が素っ気ない気がするのならば
潜在意識に目を向ける事ではなく
顕在意識に目を向けてあげることを
意識してみたら道は開けると思います。



ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


体験セッション募集中
http://plaspi.jp/trial/
~MENU~
【名古屋・浜松】
re:writeカウンセラー まてぃ
HPFacebooktwitter
お問い合わせは↓コチラ↓
友だち追加
追加できない場合は@hnl9433lを検索してください
※こちらのブログはリンクフリーです。転載、シェア等ご自由にどうぞ
※こちらのブログではツインソウル・ツインフレーム・ツインレイを纏めてツインソウルと表現します