【ツインソウル】ツインの事を今まで誰にも話せなくて…

ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


こんばんは、まてぃです♪
ツインソウル関連で沢山の人のお話を伺っていると
「誰にも話せなくて」とか
「話しても理解してもらえなくて…」といった事をよく耳にします。

ボクは、そもそもの本質的な問題はソコにあると思うんです。

「話しても理解してもらえない」と思うということは、
「普通じゃない」と思っているということ。

それは「良くも悪くも変な関係」と思っているということだと言えます。
そして、「普通じゃない」ということは「特別」と思っているということでもあります。

さらに、「普通じゃない」ということは、「他の人と違う」であったり、「劣等感」であったり
自分と他人の差異に目を向けて、人間としての優劣を見ているということでもあると思います。

そこには自分が上なのか下なのかは別として、
「無自覚の選民思想」が潜在的に存在しています。

人間は本来全て平等なので
その本質的な「人間としての優劣を見ている」・「特別」という問題が存在する限り
小手先のテクニックを駆使しても
どれだけ自分の行動を変えてみても
上手くいかないとボクは思います。

自分と相手の関係は「普通じゃない」と思っている間は
目に映る事が「特別」に見えてしまうでしょうし
「特別な事をしなくてはいけない」と考えてしまうでしょう。

そして、「話してもどうせ理解して貰えない」と思うということは
「理解して欲しい」という思いも存在しています。

その思いが良い悪いかは別にして、大事なのは
「理解して欲しい」という願いが存在していて
その願いに基づいた行動をしているという部分です。

人と人は完全に理解し合うというのは不可能です。

その不可能なことを願って行動するということは
極端に言ってしまうと「エネルギーの無駄遣い」なんです。

まずは、そういった本質的な部分での問題を「しっかり自覚すること」が大切だと思います。



ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


体験セッション募集中
http://plaspi.jp/trial/
~MENU~
【名古屋・浜松】
re:writeカウンセラー まてぃ
HPFacebooktwitter
お問い合わせは↓コチラ↓
友だち追加
追加できない場合は@hnl9433lを検索してください
※こちらのブログはリンクフリーです。転載、シェア等ご自由にどうぞ
※こちらのブログではツインソウル・ツインフレーム・ツインレイを纏めてツインソウルと表現します