【ツインソウル】距離を縮める魔法の言葉

ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


こんにちは!まてぃです♪

物事が思いどおりに進まない時
壁にぶち当たった時
大事なのは「客観的な視点を持つこと」だと思うんです。

「客観的な視点」とは、自分じゃない他人から見た時にどう見えるのか。
自分自身の姿を「周りの人から見たらどう見えるのか」
を知る事だと思うんです。

例えば、会社で何かミスをして周りに迷惑をかけたとき
誰かに指摘や注意をされて
「ごめんなさい、気を付けます」と言ったモノの
同じミスを何度も続けていたら
どれだけ本人(自分)が反省して何が悪いのか分かっていたとしても
周りから見たら「反省していないし、分かってない」と見られますよね?

思いどおりにいかない時や壁が越えられない時って
こんな状態に本人が気付いていない事が多いんです。

自分では「出来てる」と思っていても
周りから見たら「出来ていない」。

実際のところどうなのかって考えたら
周りの人に「出来ていない」と思われるのならば
大体「出来ていない」んですよね。

だから壁が越えられない。

逆に考えれば、壁が越えられないということは
「出来ていないのかもしれない」ということ。
「出来ていないのかもしれない」という疑念を持ったうえで
まず自分の行動を振り返ってみる
そして、修正をしていく。

その為のヒントや答えが「周りの人の言葉や行動」だし
「客観的な視点」だと思います。

実はその「客観的な視点」を身に付けるための
とっても簡単な魔法の質問があります。

その魔法の質問とは
「コレが自分の事じゃなくて、友達に起きた事だったらどう思うだろう?」
「友達に起きた事だったらどんなアドバイスをするのだろう?」なんです。

自分じゃなくて友達の事だったら…と他人に置き換えて考えてみる。

それが「客観的な視点」を持つためのトレーニングだし
壁を乗り越え、物事を思いどおりに進める一番の近道だったりします。

ツインソウルのお相手との関係も同じだと思うんです。

「距離が縮まらない」・「連絡が取れない」
という結果があるということは
「分かっているけど、出来ていない」という事があるんだと思います。

その時に、「分かってる」という主観で見るのか
客観的に見るのかで未来は大きく変わります。

「連絡が取れない」と悩んでしまっているとき
「もし、友達に『大好きな人から返信が来なくてツラい。どうしたらいいのかなぁ?』と
相談されたらどうアドバイスするのか」
冷静に落ち着いて考えてみる。
それが第1歩だと思います。

物事がウマくいかないとき、壁が越えられない時
一呼吸置いて「客観的な視点」を心がけてみてくださいね♪

それでは!


ボクはツインレイと出会ってから10ヶ月でサイレント期間に入り
その後2ヶ月でサイレント期間が終わりました
そこにはある秘密があります。

その秘密を無料で大公開!

その秘密は↓コチラ↓から
http://plaspi.jp/newsletter/


体験セッション募集中
http://plaspi.jp/trial/
~MENU~
【名古屋・浜松】
re:writeカウンセラー まてぃ
HPFacebooktwitter
お問い合わせは↓コチラ↓
友だち追加
追加できない場合は@hnl9433lを検索してください
※こちらのブログはリンクフリーです。転載、シェア等ご自由にどうぞ
※こちらのブログではツインソウル・ツインフレーム・ツインレイを纏めてツインソウルと表現します